「所変われば品変わる」と、ことわざにもあるように、日本で暮らしていると当然の行動でも、世界に行くと驚かれたという経験はありませんか?

現地の人と同じ空間を共有する「レストランでの食事マナー」には、特に気を付けたいもの。

そこで今回は、日本人から見ると、ちょっと意外な海外のテーブルマナーをご紹介します。

1.どんなにおいしくても、料理はちょっとだけ残して in 中国

中国では「お腹いっぱいの料理を食べさせる」ことが、おもてなし。ですから、少し残すことで「もう十分ご馳走になりました」と伝えるのが礼儀です。

また、お箸を平行に置くと、「ごちそうさまでした」の意味になってしまうので、食べている最中は縦に置くようにしましょう。

2.サラダは切ってはダメ in フランス

口を大きく開けると下品なイメージのある日本人は、つい何でも小さく切って食べようとしてしまいますが、サラダを食べる際にナイフで切るのは、マナー違反。

フォークだけで食べ進め、ナイフはあくまでも添える程度に。

最後に残った葉野菜などは、右手にパンを持ってフォークにのせるか、パンで挟み込んで食べてしまうのがスマートです。

3.チーズの追加をお願いするのはNG in イタリア

日本では自分で味の調整ができるよう、粉チーズがテーブルに置いてあることもありますが、イタリアでチーズの追加をお願いすることは「味が薄い」とシェフに不満を伝えているようなもの。

また、パスタやピザに使うのはトマトソースであり、ケチャップをかけるなんて信じられないと考えるイタリアでは、ケチャップを頼むことも、ご法度です。

4.ウェイターは呼ばないで in アメリカ

日本では、オーダーする際に店員さんを呼び止めることは日常茶飯事かもしれませんが、チップが大きな収入源となるアメリカでは、オーダーが決まった頃を見計らって声をかけるのが、優秀なウェイターの証。

明らかに忘れられているようなら「Excuse me」と声をかけてもいいですが、そうでなければ来てくれるのを待ちましょう。

5.ウォッカはストレートで in ロシア

ウォッカを愛するロシア人にとって、ウォッカを何かで割ってカクテルにするのは邪道なんだそう。ウォッカを飲むときは、必ずストレートで飲みます。

ウォッカを飲み終わった空き瓶は、テーブルに置いておくと縁起が悪いとされているので、床に置くことを忘れずに。

海外へ行ったときのみならず、日本で外国人の方をおもてなしするときに「日本ではこれがマナーなんだよ」と教えてあげると、親切ですね。

TopImage:Photo by Shutterstock.

日本人が知らない、世界の風変わりな「食事マナー」たち [ライフハッカー日本版]

text by 野本纏花

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense