SHARE

「深くてリッチで、それぞれの色は馴染むんけれど、同時にとてもサプライジングにしたいと思ったんだ」と、カラリングについて語ったのはファッションデザイナーのPaul Smith。

イギリスのデザイナーであるPaul Smithによる、同じくイギリスの自動車メーカーLAND ROVERの究極ビスポークDefenderなのです。

150401paulsmithdeffender01

150401paulsmithdeffender02

Defenderとは、Land Rover社が誇る本格SUV車なのですが、Paul Smithが手がけると、いつもの無骨でワイルドなイメージが嘘のように、ユニークで洗練された車に。彼の言葉通り、とてもカラフルなのだけど、それでいてシックで、飛び抜けている、とても”Paul Smith”らしいカラーリング。

デザインは、彼が誇りとするイギリスの田園風景をイメージしたそう。

分かりますか? ボディのカラーリングは左右で非対称。ディテールにも彼らしいユーモア溢れるこだわりが見られます。

150441paulsmithdeffender03

150401paulsmithdeffender04

ルーフのみつばち

150401paulsmithdeffender05

ラグジュアリーを演出するレザーとファブリックミックス使いのシート。ファブリックには彼自身がデザインしたマハラム社のものを使用。

150401paulsmithdeffender06

実は、Land Rover社、67年もの間続いたDefenderの生産を2015年の12月20日に終了することを決定しています。

今回のビスポークDefenderは、イギリスで生まれ、イギリスで最も愛される車のひとつであり、なにより、Paul Smith自身が愛して止まないDefenderへの最高の賛辞と言っていいでしょう。

150401paulsmithdeffender07

現在はロンドンMayfairにあるPaul Smithフラッグショップの前に。

世界にたったひとつのDeffender。機会のある方はぜひショップに足を運んで、その目でイギリスの魂と誇りを確認してください。

 Paul Smith and Land Rover Defender [Paul Smith]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense