マンハッタンは小さいけれど、まだまだ知らない歴史があります。

マンハッタンの最南端のフェリー乗り場、サウスシーポートエリアにある古き良きニューヨークを題材とした紙雑貨(文具)専門のお店「BOWNE & CO. STATIONERS」のご紹介です。

ここでは昔のNYの街を描いた絵はがきや、昔の地図などが販売されています。

150330_BOWNE-&-CO.-STATIONERS_2

19世紀に栄えた港を観光施設としたSouth Street Seaport Museumの一部としてオープンしました。

なぜ紙専門なのかというと、18世紀ごろこのエリアは印刷業が盛んに行われていた名残なのだそうです。

このお店がオープンした19世紀から変わらず、活版印刷技術は健在です。

150330_BOWNE-&-CO.-STATIONERS_4

2011年には財政難から一時閉鎖されてしまいましたが、元スタッフの方やこの場所を愛する人たちの署名活動により、今は無事にオープンしています。

150330_BOWNE-&-CO.-STATIONERS_3

こちらの映像を見たら、きっとあなたも訪れてみたくなるはずです。

お店というよりギャラリーのような感覚で楽しめるお店でした。



NYを歩いて見つけた、おすすめスポットはこちらから。

[South Street Seaport Museum]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking