SHARE


若き建築家・藤本壮介氏の展覧会「藤本壮介展 未来の未来」が、乃木坂にある「TOTOギャラリー・間」で4月17日(金)から行われます。

今や日本を代表する若手建築家となった藤本壮介氏ですが、彼の名が知られることになったのは、2000年に実施された青森県発注の「県立美術館設計競技」でした。

国内外の著名建築家やアトリエ事務所、組織事務所など393もの応募案があったなかで、事務所ではなく個人で応募した藤本氏の案が2位を獲得するという快挙を成し遂げたのです。記憶に残る鮮烈なデビューとなりました。

デビューから15年、住宅から公共建築まで100を越えるプロジェクトに携わり、2008年には37歳という若さで、北海道伊達市にある「情緒障害児短期治療施設」で日本建築大賞を受賞しています。

藤本氏がデザインするのは、今まで誰も思いつかなかったようなスタイルでありながら、クリーンでシンプル、緑や人との調和が考えられた建物です。代表作をちょっと覗いてみましょう。

こちらは大分にある『House N』。三つの箱が入れ子のようになったスタイルで重なり合い、室内に樹木が植えられています。

150330_hausen

Architects、House N(日本、大分/2008年)©Iwan Baan

コンペで優勝したこちらは、ハンガリーの音楽ミュージアムです。天井に無数の穴が空いており、地下でも自然光が入る仕組みになっています。

150330_hungary

『Liget Budapest House of Hungarian Music 国際設計競技』案(ハンガリー、ブタペスト/2015 年) ©Sou Fujimoto

「白い木」を意味する建物名のこちらは、それぞれの住居のバルコニー部分が飛び出たような形になって、均等に日が当たるようになっています。

150330_slide_work_004

L’Arbre Blanc(フランス、モンペリエ/進行中) ©SFA+NLA+OXO+RSI

今回の展覧会では、第1会場(3F)と中庭で、これまでに手掛けたプロジェクトや進行中のプロジェクトから、100あまりの模型を展示し、第2会場(4F)では、「建築は未来への種を蒔くこと」と語る藤本氏の次の時代へ向けた建築の未来像を見ることができます。

4月16日にTOTO出版より、『Sou Fujimoto Architecture Works 1995-2015 藤本壮介建築作品集』が発売されるので、そちらも合わせてチェックしてみて下さいね!

トップ画像:Serpentine Gallery Pavilion 2013(イギリス、ロンドン/2013年) ©Iwan Baan

藤本壮介展 未来の未来
2015年4月17日(金)~6月13日(土)
会場:乃木坂 TOTOギャラリー・間
住所:港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F
時間:11:00~18:00
休館日:月曜、祝日
料金:無料
藤本壮介講演会『未来の未来』
会期:2015年4月28日(火)18:30~(17:30開場)
会場:霞ヶ関 イイノホール
定員:500名
料金:無料(事前予約制)

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense