SHARE


1977年に公開されて以来、SF映画という枠を乗り越え、様々な世代に広く愛され続ける『スター・ウォーズ』。

その『スター・ウォーズ』の世界観をまるごと体験できる『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』が、4月29日(水・祝日)より六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリーで開催されます。

150330__starwarsperse

展示会会場エントランス(イメージ)

今回の展示の見どころの一つは、ジョージ・ルーカス氏が選んだアーティストのアート作品約60点を世界初公開することです。

日本からは、ファイナルファンタジーシリーズのキャラクターデザインも手がける天野喜考氏の作品も展示されます。アーティストがそれぞれに解釈したアート作品、とても楽しみですね!

150330_《Vader》amano

《Vader》天野喜孝

150330_《Regrets》MASEY

《Regrets》MASEY

150330_《George Lucas’ World》Manuel Sanjulian

《George Lucas’ World》Manuel Sanjulian

他にも、「ライトセーバー」や「ブラスター銃」など『スター・ウォーズ』ならではの小道具や衣装などが展示されます。印象的な名場面の映像も見ることができるので、実物の小道具と映像を照らし合わせて見てみたいですね。

また、海抜270メートルに位置する「スカイデッキ」には夜景を活かした展示や、六本木ヒルズの街内とも連動した企画もあるので、ヒルズ全体が『スター・ウォーズ』に染まる期間となりそうです。

12月の最新作の公開前に、『スター・ウォーズ』の世界をより深く知れる展示に、ぜひとも足を運んでみて下さいね。

スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。
会期:4月29日(水・祝)~6月28日(日) ※会期中無休
時間: 10:00〜22:00(最終入場21:30)
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)
入場料:一般1,800円、高校生・大学生1,200円、4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円 ※展望台、森美術館へも入館可。
※屋上 スカイデッキご入場は、別途500円が必要です。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense