コカ・コーラは好きですか?

死ぬほど好き!という人も、家のなかをぜーんぶ埋め尽くしてしまうほどの愛はないはず。

この家は鏡からテーブルまで全部コカ・コーラのブランドのもので埋め尽くされていて、ポスターも床もタイルも、家のなかの全ての色が赤か白で塗られているのです。

家の持ち主であるLillianさんは、このように家のなかを埋め尽くす取り組みを30年前の休日に始めたのだそう。

20150327colahouse1
20150327colahouse2

コルクの街であるGlanmire出身の二児の母であるLillianさん。ドイツからオーストリアにかけて旅をしていたときに、二つの違う国で同じ飲み物を飲んでいたことに気がつき、世界中のコカ・コーラの缶を集めることを決意しました。

今では友達や家族が他の国に行った際に、おみやげを持ち帰ってくれるようになったと語っています。

家を埋め尽くす何年前かは、ロフトにグッズを収納していたので、小さな寝室埋め尽くそうと考えていたみたい。

20150327colahouse3
20150327colahouse4

その後、まず小さな寝室と息子さんたちの部屋から実行。

そしてイギリスで有名なCome Dine With Meという番組を見ていた際に、番組のひとりの女性がコカ・コーラのグッズをキッチンに置いていたのを見てキッチンも埋めようと決意。

ちなみにキッチンを埋め尽くすと決めてから、6ヶ月以内に完成させたというのだから驚きです。

20150327colahouse5
20150327colahouse6

LillianさんはNew Yorkに訪れる際には、タイムズスクエアにあるGrand Slam Shopに構えられたCoca Colaコーナーに行き、グッズを家に持って帰るようです。

そんなLillianさんは、なぜコカ・コーラをペプシより好むのかということも暴露していました。その理由は、”ペプシはコカ・コーラより甘いから。”なのだそう。

それにしてもここまで自分の好きな飲み物で家を埋め尽くすことができるなんて、本当好きなのだということが伝わってきますよね。

見ていてとてもユニークなお部屋ですね。

Coca-Cola obsessed mum transforms home into incredible red and white shrine to fizzy beverage [mirror.co.uk]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense