SHARE

★三軒茶屋の三角地帯にある飲み屋さんを巡る連載企画。
前回のお店「PePe」の紹介記事はこちらから。



小径の窓から漏れるほんわかとした光。気になって覗いてみると、広い店内で思い思いに寛ぐ人たちが目に映ります。

そこは「かみむら食堂」。味のあるアンティークの雑貨が使われている店内は、三角地帯の飲屋街の賑わいを忘れて落ち着ける場所です。

20150331roomie8380_2
20150330roomie_kamimura_8352

特別な物でなく、毎日食べても飽きのこない普通においしいご飯を提供したかった

そう店主のかみむらさんが語るメニューは、定食やおにぎり、カレー、ピザにパスタなど、正に食堂のようなバリエーションの豊富さ。

しっかりとご飯を食べたい時は勿論、おつまみでゆっくり飲むのもいいし、デザートやコーヒーを味わいながら一息つくもよし。お昼の12時から23時までオープンしているので、様々な用途で立ち寄れます。

20150330roomie_kamimura_8158

では、かんぱ〜い

今回いただいたのは、キヌアと豆のサラダひじき御飯定食です。

20150330roomie_kamimura_8172

キヌアと豆のサラダ

キヌアは栄養価が高い南米産の食材で、ミネラルを多く含みます。水菜のビタミンとひよこ豆のイソフラボン、トマトにひじきも合わさり健康面を考えられた一皿です。

水菜の瑞々しさに、ひよこ豆の濃のある味とキヌアのぷちっとした食感がアクセントのさっぱりとした味付けです。

20150330roomie_kamimura_8197

ひじき御飯定食

こちらはひじき御飯定食。ひじき御飯に添えられた梅の酸味が食欲をそそり箸が進みます。魚はサバの塩焼き。塩加減が丁度よかったです。隣に盛られた副菜の見た目も美しく、こちらも栄養バランスの良い一皿で作り手の愛情を感じます。

定食のお味噌汁は、店主のかみむらさんが出汁からとったもの。そのルーツはお袋の味といいます。優しい味わいは、身体に染みわたります。

20150330roomie_kamimura_8210

自家製サングリアの白

20150331roomie_8241_2

落ち着きの中に凛とした空気を醸し出す内装を手掛けるのは、古道具のお店も営む「無相創」。並んだ電球のフィラメントが何ともノスタルジックで、温かみがあります。

20150330roomie_kamimura_8328

所々に置かれた小物の使い方も憎い!

20150330roomie_kamimura_8284

テーブル席のほかにある、小上がりのスペースは居心地が良く人気の席です。

20150330roomie_kamimura_8228

「コーヒーが大好き」というかみむらさん。ご飯と同等にエスプレッソもお店の看板にしているメニューだそうです。三角地帯の数あるお店の中でも、食事とエスプレッソが一緒に楽しめる場所は他には無いでしょう。そして締めに頼んだエスプレッソは、ほろ苦くてとってもおいしいものでした。

店主のシンプルなこだわりを感じられる食堂の味とカフェの居心地の良さが合わさった、心落ち着くお店でした。

さて一息つきに行きませんか?

150329kamimura-1

かみむら食堂
住所:三軒茶屋2-14-22 なかみち街右入る
電話番号:03-5787-5898
営業時間:12:00~23:00
     (木曜のみ16:00~18:00の時間中休みあり)
     月曜定休

Photographed by Takashi Sasaki

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense