SHARE

左:『となりのトトロ』 右:『魔女の宅急便』

ジブリ映画がシックなカラーリングのポスターになりました。

上のポスターの『となりのトトロ』は、グレーのトトロの色味に、ネコバスのオレンジ色が効いています。『魔女の宅急便』は、キキがいつも身につけている濃紺のドレスや海、美しい街並みが思い浮かびますね。

このスタイリッシュなポスターを製作したのは、ニューヨークに住むHyo Taek Kim(ヒョーテク・キム)氏。

彼がポスターを作ろうと思ったきっかけは、オレンジとグレーの配色を見て『となりのトトロ』が浮かんだことだそうです。それから、見る人の心を暖かくするような色のスワッチ(見本)を作ろうと決め、映画を思い浮かべながら、自分の感性で色を選びました。

キム氏は、韓国人の両親のもとにサンパウロで生まれ、15歳の時アメリカへ移住、ニューヨークにある名門のパーソンズ美術大学でデザインを学びました。ブラジルの自然やサンパウロのグラフィティ・シーン、同じくアーティストの父親から強く影響を受けているそうです。

若干23歳というから驚きですね。文化的には「80パーセントブラジル人、15パーセントアメリカ人、5パーセント韓国人」と語っています。

20150313_jiburi_3

左:『紅の豚』 右:『もののけ姫』

紅の豚』は、ポルコの肌やトレンチコートの色、飛行機の紅、海のブルーや海岸の砂の色が並びます。『もののけ姫』は、山奥の濃い自然の色に、もののけ姫と山犬の白がはさまれています。

20150326_ponyo_jiburi5

左:『崖の上のポニョ』 右:『風立ちぬ』

崖の上のポニョ』は、穏やかな凪や嵐の海や水泡の色、そしてポニョの色をプラスしています。『風立ちぬ』は、空の青や雲の白、草原の緑が爽やかな印象です。

20150326__chihiro_jiburi_4

左:『千と千尋の神隠し』 右:『ハウルの動く城』

千と千尋の神隠し』は、舞台のシックなカラーリングが浮かびます。『ハウルの動く城』は、お城やメカのこげ茶、ハウルとソフィーの髪やドレスの色が並べられました。

20150326_nausicaa_jiburi_1

左:『風の谷のナウシカ』 ?右:『天空の城ラピュタ』

風の谷のナウシカ』は、ナウシカの服のブルーと腐海を覆う植物の薄い色をはさんでいます。『天空の城ラピュタ』は、印象的な空の青と緑が半分を占めています。

ポスターは、紙・カンバス製、額入りなどの種類が選べ、1枚15ドルからLAのSociety 6で販売しています。他にもこのデザインを使用したTシャツなどのグッズも販売中です。

海外へ発送可能なので、スタイリッシュな色合いのポスターをインテリアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

ちなみにキム氏の夢は、日本で展示会を開くことだそうです。ぜひ来日してほしいですね。

ジブリ映画を色だけで表したらこうなりました [cafeglobe]

text by ナガソクミコ

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense