日本の台所「築地市場」。作る人と食べる人のコミュニケーションの場であり、私たちの豊かな食を支える場所。

そんな築地市場は2016年、豊洲に移転します。

今まで作られてきた歴史を大切にしながら、まさに今、新たな歴史が始まろうとしているのです。

150325ECtsukijitaberu1

そして、”変わりゆく築地、変わらない築地”をテーマにした情報誌「築地食べる通信」が4月に創刊されます。この雑誌の特徴は、毎号、食材も付いてくること!

初回の特集は、鶏肉専門店「鳥藤」さん。セットになって届く食材は「はかた一番どり」。

鳥藤分店のプロが教える「おいしい親子丼の作り方」やおうちでできる鶏肉レシピも載っているそうなので、最高の食材を使って、すぐにおいしいお料理を作ることができます。

150325ECtsukijitaberu2

築地のこと、築地を愛する人たちのこと、築地のプロを相手に商売するという厳しさ、そして、築地の未来。

築地の魅力がたっぷり詰まった1冊となっているようです。

世界に誇る日本の台所とそこにまつわるストーリー。是非、一度、手に取ってみてはいかがでしょうか。

築地食べる通信

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking