まさに、未来からやってきたような食品です。

オランダのフードデザイナーのChloé Rutzerveldさんが作り出したのは、3Dプリンターで作るスナック菓子。穴の開いた球体のスナックの中から、キノコとスプラウトが飛び出しています。

RutzerveldさんのプロジェクトEdible Growthは、ヘルシーでサスティナブルであることをコンセプトにしています。3Dプリントしたスナックに直接イーストとキノコの胞子、スプラウトの種を入れており、自然にキノコとスプラウトが生えてくるのです。

スナックの中心には海藻から作ったゼリーがあり、その中に種を植え込んであります。

動画内で彼女は、「3Dプリントによるスナック製作はまさにテクノロジー、しかし、そこから食べ物が成長する様子にはオーガニックの要素がある」と最先端のテクノロジーと植物の成長を楽しむという2つの要素を生かしたプロジェクトについて語っています。

食べ物を手軽に育てて、成長過程も楽しんで、おまけに栄養になってくれるだなんて、なんだか近未来の話のようですね。

キノコと葉っぱがニョキニョキ。3Dプリントで作るオーガニックスナック [GIZMODO]

text by ナガソクミコ

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking