割れてしまった器を、漆と金箔で直す伝統技法「金継ぎ」。

しかし、漆は扱うのが大変ですし、金箔は高価なので、なかなか自分でトライするのは難しいものです。でも、割れてしまったお気に入りの器、直したいと思ったことはありませんか?

そんなあなたに、簡単な材料で金継ぎをする方法をご紹介します。この方法は食器ではなく、観賞用でお楽しみください。

【用意する物】

・エポキシ系ボンド
・アルミホイル
・カッター
・練り合わせると硬化するタイプのパテ
・細目の紙ヤスリ
・エタノール(台所用、傷口の消毒用などでOK)

【手順】

20150324crashchawan

まず、割れてしまった器のかけらを集めます。

20150324bond

かけらの側面に、ヘラや綿棒などでボンドを塗ります。

20150324naotta

かけらを組み合わせて接着します。少しボンドが硬化し始めてからの方が組み立てやすいです。

段差ができないように、ぴったりと組み合わせましょう。

20150324patechawan

無くしてしまった小さいかけらがある場合、欠けている箇所をパテで埋めます。

後で削るので、多めに盛りましょう。

20150324yasuri

パテが硬化しはじめて少し硬くなってから、カッターで余分な部分を削り取り、さらに紙ヤスリをかけて滑らかにします。

20150324nameraka

滑らかになりました。

20150324bondnazori

次に、綿棒などで継ぎ目をなぞるようにボンドを塗っていきます。

20150324foil

全ての継ぎ目にそってボンドがつけ終わったら、そこに細くちぎったアルミホイルを貼っていきます。

ずれたりちぎれたりしないように気をつけながら、爪の裏などでそっとこすってしっかり貼ります。

20150324cutting

しばらく置いて、ボンドが硬化してきたら、カッターできわを整えていきます。

ボンドの汚れがあれば、エタノールを染み込ませたティッシュや布で拭き取ります。

20150324ECkansei    

完成! まるで銀箔を貼ったみたい!?

アルミホイルの部分を乾いた布で磨いたり、極細目のヤスリで磨くと、より綺麗に仕上がります。ぜひ試してみてくださいね。

※この方法は食器には向いていません(2015/04/06追記)

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking