今回ご紹介するギャラリー「Elizabeth Street Gallery」は、本当に旅とコレクションが大好きなオーナーなんだなぁとしみじみ感じるアートギャラリーです。

オーナーが実際に買い付けに回って、ジャンルや時代を問わず独自の目線で集められたものが並べられています。

元々はベーカリーショップ、消防署という不思議な遍歴をもつこの建物が、今はアンティークギャラリー。

しかも、当時の看板がそのままにされているので一瞬パン屋さんかと思ってしまいます。よく見ると、入り口の上には消防署のランプも付いていました。

150317_elizabeth_2

コレクションは全てオーナーの私物。ホームページのコンセプトページには、「オーナーが次のコレクションを買うために、これらのコレクションを売ります」って書いてあるほど。

実はこのギャラリーには、素敵なプライベートガーデンがあり、広さは何と20,000 sq.フィート(約1858平方メートル)。

外からも覗くことが出来るのですが、建物がひしめくNYで異空間に迷い込んだかのような、不思議な魅力があるんです。

150317_elizabeth_4

事前予約でイベントスペースとして使用することも可能。カクテルスタイルであれば、350名まで対応できます。

150317_elizabeth_3

春先に行われるパーティには是非参加してみたいですね。



NYを歩いて見つけた、おすすめスポットはこちらから。

Elizabeth Street Gallery

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking