熊本市内から国道57号線を西へ約60分。明治日本の産業革命を支えた「三角西港」に行ったことはありますか?

150317misumi-02
150317misumi-04

明治22年に国の特別輸出港に指定され、九州の一大集散地として栄えました。その役割は徐々に衰退しましたが、石積み埠頭や水路など当時の施設がほぼ原型のままで残っています。

三国港(福井県)、野蒜築港(宮城県)とともに明治の三大築港事業として我が国初の本格的な近代港湾施設。

明治期の港が完璧に現存するのは日本でここだけです。今回は、その一部をミニライオンとブルドッグに案内してもらいましょう。

150317misumi-06

駐車場についてすぐ目をひく「浦島屋」はラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が、長崎からの帰途に立ち寄り「夏の日の夢」と題した紀行文の舞台となった旅館。

明治38年に解体され、中国の大連に運ばれましたが、平成5年、設計図を元に復元されました。

150317misumi-07
150318misumi-21

1階はケーキやコーヒーが楽しめる喫茶コーナーや三角西港築港当時の資料や写真が展示されています。

2階には築港当時の資料と小泉八雲に関する資料が展示され、いろいろなイベントの開催にも使われているそう。

150317misumi-08

写真奥に見える龍驤館は明治天皇即位50年を記念事業として大正7年(1918)に建設。公会堂や図書館として利用されました。

築港当時の県知事である富岡敬明像が目の前に建っています。少し歩いていくと排水路が。

150317misumi-19
150317misumi-20

ここは満潮時に海水を引き込み干潮時に排水するよう造られ、道路側溝を流す天然の下水道の役割を果たします。

山水の排水も兼ねた3面石張り排水路で、西端、西、東、後方の4か所が国重要文化財となっています。

150317misumi-09

同じ敷地内には旧三角海運倉庫という土蔵造りの荷揚げ倉庫がレストランとして利用されています。中もとっても雰囲気があり、窓際の席から港を眺めながら珈琲でも一杯いかがでしょう?

さて、そのレストランの先を少し歩くと明治35年以前に建てられた高田回漕店が目に入ってきます。

150317misumi-11
150317misumi-17

回漕店とは船や荷馬車を持ち、内外の貨物などを扱う運送会社または商社のことであり、高田回漕店は熊本市に本店を持ち4隻の汽船を所有していたそう。

中に入ると港からふきあげる心地よい風が家屋の中に入ってきます。

150317misumi-15
150317misumi-10
150317misumi-05

平成9年に三角町文化財に指定され、宇城市文化財へ引き継がれています。

さて、靴を脱いで2階へ上がりますよ。階段は結構急な勾配なのでご注意を…。

150317misumi-12
150317-misumi-14

高田回漕店の2階から港を見ると海が光に照らされて眩しいほど。また、日本家屋の良さを改めて肌で感じることのできる空間です。

ミニライオンたちもキラキラしているきれいな海に目を奪われます。

150317misumi-13
150317misumi-03
150317misumi-18

今回はほんの一部でしたが、三角西港では「法の館」として一般に公開されている旧三角簡易裁判所や、洋館建築の旧宇土郡市役所も見ることができます。

築港当時のままの姿を見ながら、当時の生活に想いを巡らせてみませんか。

150317misumi-16

三角西港
住所:〒869-3207 熊本県宇城市三角町三角浦
駐車場:約30台
車:松橋ICから車で約50分、熊本市内から国道57号線を西へ約60分
バス:九州産交バス「三角西港前」下車(所要時間:約15分、料金:180円)

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking