いいお湯に浸かりながらアートが楽しめちゃうという、なんとも楽しいイベントが開催されます。

4月18日(土)~5月17日(日)の日程で、「京都銭湯芸術祭二〇一五」が、京都市内の銭湯を舞台に行われます。

京都市中京区・左京区・東山区にある銭湯8店舗を舞台に、若手アーティストたちが、湯船はもとより脱衣所や銭湯の壁面など、様々な場所で作品を展示します。

150317_poster

そもそも京都銭湯芸術祭のはじまりは、実行委員長でありアーティストの西垣肇也樹氏が、銭湯に通いながら自分の作品の構想を練っていたことにはじまります。

西垣氏は様々な年代が通い、人々を癒すとともに、交流の場でもある銭湯のなかで作品を展示することを思いつき、銭湯にある独特の空間で新たな作品が生まれる可能性があると、アーティスト仲間に声を掛けてスタートしました。

昨年は、平面から立体、映像、インスタレーションといった様々なアートが銭湯に展示されました。2回目となる今回も、一般に広く作品を公募し、若手アーティストの作品と出会うきっかけの場所になりそうです。

入湯料のみ(大人430円)で楽しめるというのも魅力のひとつ。

また、京都銭湯芸術祭2015の開催時期は、京都市美術館他で開催されている「PARASOPHIA(京都国際現代芸術祭)」をはじめ、国際的な写真の祭典である「KYOTOGRAPHIE」、アートフェアである「超京都」などアートイベントが多数開催されます。

京都の街とともに、アートを体感できる期間であることは間違いありません。ゴールデンウィークとも重なっているので、早めにチェックしてみて下さいね。

TOP画像:スクロール/scrolling 西垣肇也樹 × 小倉千裕(ペインター × シンガー)京都銭湯芸術祭二〇一四の様子より。素材=アクリル、ターポリン 撮影/守屋友樹

京都銭湯芸術祭二〇一五
日時:2015年4月18日~5月17日 ※営業時間は各銭湯により異なる
場所:京都市中京区、左京区、東山区の銭湯各店舗
【中京区】玉の湯(15:00-0:00 日休)、錦湯(16:00-0:00 月休)
【左京区】東雲湯(15:00-0:00 火休)、東山湯温泉(15:20-1:00 金休)、平安湯(15:00-1:00 木休)
【東山区】新シ湯(14:30-0:30 金休)、大黒湯〈山城町〉(15:15-1:00 火休)、旭湯(15:10-0:00 金休)、堀川団地(上長者町棟535号室)
料金:大人430円、小学生150円、小学生未満60円
その他会場によってイベント等あり。詳細はホームページをチェック。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense