お子さんとの何気ない会話。皆さんもよくスマホで録画しますよね。こちらのブラジルの親子の会話が多くの大人に感動を与えています。(英語、フランス語、イタリア語での字幕)

食卓に並ぶタコの料理と、それを眺めるルイス・アントニオ君。お母さんに「タコ食べなさい」と言われます。

20150323octopus01

分かったよ。このタコって本物じゃないよね? 頭もないし、言葉を話したりしないよね?

20150323octopus02

頭はどこにあるの?

−頭は無いのよ。足を切ったのだけ。

え? じゃあ頭はどこにあるの? 海の中?

−魚市場にあるのよ。

20150323octopus05

魚屋さんが切っちゃったの? こうやって?

−そう。

なんで?

−私たちが食べられるようにじゃない。

ええ、でもなんで?

−ちゃんと食べられるようによ。鶏肉だって切ってるでしょ。

20150323octopus06

鳥? ノーノー。鶏肉なんて誰も食べないよ。

−そうなの?

だって鳥は生き物じゃん!

−そうね…。じゃあニョッキとポテトだけ食べようか。

20150323octopus08

このポテトとお米だけだよ。

−分かった。

タコはダメ。だって生きてるから。

−そうね。

20150323octopus07

皆生き物じゃん。魚も生き物だし、タコも生き物だし、鳥も生き物だし、牛も生き物だし、豚も生き物だし…。

20150323octopus03

生き物をボクらが食べたら、それは死んじゃうでしょ?

−死んじゃうね。

20150323octopus10

なんで?

−私たちが食べられるようにかな…。

なんで死んじゃうの? 生き物が死ぬのは嫌だな。生き物はしっかり立って、幸せでいて欲しいんだけど。

−分かった。じゃあもう食べないようにしよっか。

生き物は、ボクらが世話するためにあるんでしょ。食べるためじゃないよ。

−そうだね。じゃあポテトとお米だけ食べよう。

20150323octopus11

お母さん何で泣いてるの?

−泣いてないよ。あなたの言ったことに感心してるだけ。

お水(涙)が流れてるよ。

−いいから。タコは食べなくていいからね。

20150323octopus13

うん。

Luiz Antonio – A argumentação para não comer polvo via [YouTube]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking