SHARE

ああ、乗ってみたい。

公園などによくある、動物などの形をしていてバネがついているスプリング遊具。

上に乗って、上下に跳ねる乗り物おもちゃは、子どもたちも大好き。

150323ECrocking-chairs

シンガポールのデザイン集団「Little Thoughts Group」のデザイナーであるWai Lim Chanさんがデザイン。10年以上、子どもの屋外遊具を作リ続けているインドネシアの木材会社「Samko Timber」とのコラボレーションで造られたのが、「Icons of Sembawang」というスプリング遊具。

150323ECrocking-chairs3
150323ECrocking-chairs4
150323ECrocking-chairs5

彼女が子ども時代を過ごした、農村の思い出にインスパイアされてデザインしたのだとか。

ちなみに、イヌにデザインされている「5」の文字は、昔彼女が書いていた鏡文字を再現しているのだとか。

150323ECrocking-chairs2

この遊具に使われている木材は、建物などを解体した時に出たものをリサイクルして使っており、地球にやさしい。

また、屋外への設置にも耐えられるように、白アリ対策、優れた耐久性、安全性が確保されているのだそうです。

イヌ、ネコ、ブタ。

大切な友達と遊ぶように。

さて、どんな乗り心地なのかな。

Icons of Sembawang [Tuvie]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense