インターネットが普及し、地方と都心との情報差がなくなりつつありますね。

けれど、都会で暮らしていると、都心部以外で生活する人たちの営みを知るチャンスがなかなか無いのも現状です。

普段わかりにくい地方発信の文化を、デザインを通して感じられる展示「NIPPONの47人 2015 GRAPHIC DESIGN」が、4月3日(金)から5月24日(日)まで「d47 MUSEUM」で開催されます。

ヒカリエにある「d47 MUSEUM」は、47都道府県をテーマにし、47の展示台ごとにその時のテーマの展示物が並び、日本全国を俯瞰して眺めることのできるギャラリー。

今回の展示は、各都道府県に実際に生活し、その地に事務所を構えていることを基準に、実績や経験だけではなく、若い感性を発揮している47人のグラフィックデザイナーの作品が並びます。

デザイナー1人ひとりの感性とともに、それぞれの風土が織りなす環境からインスピレーションを得て生まれた作品を通し、“日本のグラフィックデザインの今”を感じることができます。

150323_ph_01

左から時計回り 1.小板橋基希(山形)ポスター「蛙昇天」/ 2.西村太志(和歌山)ロゴマーク「GARDEN SOIL」/ 3.長嶋りかこ(東京) パッケージ「BAO BAO ISSEY MIYAKE × Rikako Nagashima(FREE HAND BAG)」/ 4.立花かつこ(徳島)パッケージ「阿波晩茶」/ 5.笹目亮太郎(茨城) ロゴマーク「ましこサポーターズクラブ」/ 6.土屋誠(山梨)リーフレット「HOKUTO FIELDNOTE」

また、企画に合わせて制作される図録書籍(4月上旬発売予定)には、展示内容に加え、出展者とディレクター・ナガオカケンメイの対談や、「グラフィックデザインの今」をテーマとしたコラムを収録予定です。会期終了後も、これからの日本のグラフィックデザインの足あとを辿る一冊になりそうですね。

地方から始まるデザインの今を探る展示。その地方ならではの特色を生かしたパッケージデザインも多数並ぶ予定なので、雑貨好きの方も是非足を運んで下さいね。

NIPPONの47人 2015 GRAPHIC DESIGN
日程:2015年4月3日(金)~5月24日(日)
時間:11:00~20:00(入場は19:30まで)
場所:d47 MUSEUM 渋谷ヒカリエ8階
入場料:500円(学生400円 小学生以下無料)
<関連イベント>
イベント名:d47 MUSEUM FORUM「地域とデザイン」
それぞれの土地で活躍するデザイナー2人が、地域の「デザイン」をテーマに話します。
日時:5月16日(土)第1部:13:30~15:30/原田祐馬×ナガオカケンメイ、第2部:17:00~19:00/宮田裕美詠×ナガオカケンメイ
場所:8 /COURT(ヒカリエ8階)
料金:各回1,500円(税込み)

text by ナガソクミコ

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense