私ハンナこと齋藤帆奈が現在作品を展示している展覧会をご紹介します。

3331 アーツ千代田内にある多摩美術大学のサテライトギャラリー「アキバタマビ21」にて、「最遠平面のむこうへ」というグループ展を行っています。

「最遠平面のむこうへ」は、多摩美の日本画、工芸、油絵科出身の5人の作家が、生物学者のユクスキュル著の「生物から見た世界」を全員で読み、そこからインスパイアされた作品を作るというテーマの展覧会です。

生物学者ヤーコブ・フォン・ユクスキュル著の「生物から見た世界」は今から80年前の1934年に刊行された著作ですが、今でも読まれ続けている古典的名著です。「生物から見た世界」にはダニやカタツムリ、ニワトリや犬など、様々な生物の生態について科学的に書かれています。

しかし、それだけではなく、ユクスキュルは、そのころの生物学で一般的な見方だった「生物を機械としてとらえる見方」を批判し、人間以外の生物も主観をもった主体としてとらえる新しい見方を提案しました。

その考え方は「環世界(Umwelt)」という概念に特徴づけられています。

「環世界」は、それぞれの生物が、それぞれの知覚のおよぶ範囲で構成された、特徴的な小さな世界を持っているという考え方です。わたしたち人間もまた、人間、あるいはひとりひとり独自の環世界の中にいると言えるでしょう。

20140322akibatamabi1
20140322akibatamabi2

「最遠平面のむこうへ」ではこのようなユクスキュルの提案した世界の見方を軸としながら、一人一人考え、また皆でディスカッションすることによって産み出された作品を展示しています。

アーティストたちがどのようなアプローチで作品を作ったのか、ぜひ見に来て確かめてみてください。

最遠平面のむこうへ
アーティスト:Iyamari、岩崎夏子、齋藤帆奈、永瀬二郎、Motomura Sakura Alice
会期:2015年3月14日(土)~2015年4月19日(日)
時間:12:00~19:00(金・土は20:00まで)火曜日休場
会場:アキバタマビ21 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 201・202
電話:03-5812-4558
E-Mail:office@akibatamabi21.com
<イベント>
トークイベント:4月4日(土)森山徹(ur動物心理学)氏 16:00~18:00
クロージングパーティー:4月18日(土)16:00~18:00

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking