SHARE


どうやったら、こんなにも美しい作品が作れるのだろう。

アメリカのカリフォルニア州で活躍するガラス作家Jack Stormsさんの創り出す作品が、息をのむほど美しいと国内外で話題になっています。

150320ECJackStorms2

作品には「フィボナッチ比率」が用いられているといいます。

フィボナッチ比率とは、となり合った2つの数字の和をつなげて作られる数列のこと。

150320ECJackStorms3
150320ECJackStorms4
150320ECJackStorms5

作品の中心の部分には、幾何学的な模様が見えますが、こういった部分にフィボナッチ比率が使われているのかもしれません。

150320ECJackStorms7
150320ECJackStorms8
150320ECJackStorms9

素材は光学結晶、鉛クリスタル、ダイクロイックミラーなどを使っているのだそう。

ガラスをカットし、研磨し、組み立てる。

繊細な作業の繰り返し。

150320ECJackStorms10
150320ECJackStorms11
150320ECJackStorms12

Jackさんの感性とガラスを扱う高い技術、そして、論理的な思考が相まって、まるで宝石のような輝きを放つ美しい作品が生まれるという訳ですね。

手で触れることもためらわれる。

ああ、なんて素敵なんでしょう。

画像提供・協力:Storms Publishing Inc.

JACK STORMS

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense