150320ECdyson

SHARE

ダイソンから空気清浄機がキタ!

ついに来ましたよ。ダイソンからクールな空気清浄機が!

その名も「Dyson Pure Cool™」!

ダイソンといえば、掃除機、羽根のない扇風機、ヒーター、そして今冬加わった加湿器が主な製品ラインナップですよね。そこに新たに加わったのが、今回発表された空気清浄機付きファン

先日の発表会の様子と使用感をレポートします。


ダイソンデザインを満喫できる存在感

150320dyson

まずデザインから見ていくと、すでに発売されている「Dyson Hot + Cool AM09」の背を高くした感じ。シュッとしたとてもハンサムな印象です。

ちょっと大きいかな?思う人もいるかも知れませんが、僕的には、ダイソンデザインのプロダクトはこれくらい主張して欲しい。

部屋の風景に溶け込ませるというよりも、未来的なダイソンデザインを「アートピースのように飾る」というニュアンスで自慢したいんです。そんなコーディネートを楽しめるのも、他ブランドにはないダイソンデザインの大きな魅力です。

さっそく部屋に置いてみました。

左はHot + Cool AM09、右がPure Coolです。ご覧のとおり、大きいと言っても本体のほとんどが空洞で向こう側が見えているので、圧迫感はまったくありません。

むしろ従来の箱型の空気清浄機よりも場所をとらない。そしてAir Multiplier™(エアマルチプライアー)テクノロジーにより、ファンとしての機能も果たしてくれるので、扇風機と空気清浄機を設置していた時期はこれ1台で済んでしまいます。冬には空気を循環させるサーキュレーターとしても利用できますね。


気になる空気清浄機の性能は?

crose

本体の下部分がフィルターになっていて、360度、全方向から汚れた空気を吸い上げ、フィルタリングして綺麗な空気を送り出す構造です。フィルターには、活性炭とプリーツ状に254回折った1.1㎡のマイクロファイバーがぎっしりと詰め込まれています。

会場の2階からマイクロファイバーの生地を広げるデモ。な、長い…。これを見てもマイクロファイバーがぎっしりと詰め込まれているのがわかります。

アクリルボックスの中に白い煙(汚い空気)を充満させて、空気清浄機(Pure Cool)を運転させるデモ。電源を入れた瞬間にみるみる白い煙が吸い上げられて、きれいな空気へと変わっていくのがわかります。

高密度フィルターがPM0.1の超微小粒子状物質でさえも99.95%除去してくれます。

花粉やペット、タバコのニオイ、さらに言えば、今までの空気清浄機ではきれいにでなかった空気の汚れまでフィルタリングしてくれる。間違いなく生活の強い味方になってくれそうです。

花粉症対策という意味では、ダイソンの掃除機と併用することで、さらに室内の花粉を軽減してくれると、ダイソンの担当者さんが語っていました。


実際に数日間使用してみて

150320dyson6

風量の強さは10段階あります。風量MAXだとやや音が大きいので、リビングでテレビなどを見ながらくつろいでいるときは3〜5段階くらいで使用しています。

とはいえ、これまで使ってい空気清浄機のMAX音より静かで、モーターによるグオーといった振動はありません。

タイマーが付いているので、外出するときに強でセットしていったり、キッチンで料理をしている間などに強で運転するのがいいのかもしれません。

この数日間はテスト的に昼間出かけている間に、1〜3程度の弱風で運転し続けています。以前は帰宅したとき、モワっとした空気と家の独特なニオイを感じましたが、この空気清浄機(Pure Cool)を設置してからそれがまったく無くなりました。

まだ数日間の使用なので、真価を実感するのはもう少し時間がかかりそうですが、今の段階でもキレイな空気の気持ちよさを少しずつ感じています。


思い切ったイノベーションが家電デザインのカギ

150320dyson3

従来の箱型だった空気清浄機が、まったく違うものへとリデザインされました。

アップルがパーソナルコンピューターをそうしたように、いいデザインというのは大前提で、固定観念に縛られず、必要であればカタチや構造そのものをイノベーションしてしまう

このテクノロジーのピークを迎えた今は、それこそが家電デザインに必要なテーマなのかもしれません。

最後に、64,800円(税抜)という値段について。高いか安いかは個人によって分かれるところですが、前述した性能とデザインに加えて、扇風機と空気清浄機を別々に2台買うと考えれば、お買い得ではないか、と僕は感じました。

商品の詳細とオンラインショップは、以下の公式サイトをご覧ください。

Dyson Pure Cool™[Dyson]

150320ECdyson

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense