東京駅から徒歩5分という好立地にあるブリヂストン美術館。印象派と20世紀絵画を中心とする西洋の近・現代美術、および明治以降の日本の洋画コレクションを誇る、国内屈指の美術館です。

そのブリヂストン美術館は、5月18日(月)から新築工事に入るため、長期にわたって休館となる予定。

休館前最後となるコレクションとして、「ベスト・オブ・ザ・ベスト展」を開催中です。

20150214_bridgestone_museum_2

ポール・セザンヌ《帽子をかぶった自画像》1890-94年頃

本展では、石橋財団コレクションの2,585点の作品の中から、選りすぐりの約160点を公開。

美術館の1番人気であるルノワールの「すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」、ピカソの「腕を組んですわるサルタンバンク」のほか、マネ、モネ、ピサロ、セザンヌ、マティス、ルオーなど、19世紀以降のフランスを中心とした名画の数々に出会えます。

20150214_bridgestone_museum_1

ピエール=オーギュスト・ルノワール《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》1876年

3月31日(火)からの期間限定作品では、青木繁「海の幸」「わだつみのいろこの宮」、藤島武二「天平の面影」も登場。黒田清輝、藤田嗣治など、西洋美術に影響を受けた日本の近代美術作品も多く展示されます。

20140214_bridgestone_museum_3

青木繁《海の幸》1904年 石橋財団石橋美術館蔵 ※展示期間:2015年3月31日(火)~5月17日(日)

ブリヂストン美術館のリニューアルオープンは数年後となる予定なので、休館前にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

ブリヂストン美術館 ベスト・オブ・ザ・ベスト展
場所:東京都中央区京橋1-10-1
日時:1月31日(土)~5月17日(日)
TEL:03-5777-8600
開館時間:10:00~18:00(毎週金曜日は20:00まで)
休館日:毎週月曜日
名画のオンパレード。休館前にかけこみたい「ベスト版」アート展 [MYLOHAS]

text by 野本纏花

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking