SHARE

tmagazine

ブルックリンのウィリアムスバーグ地区に、昨年11月にオープンした複合施設「Devocion(ディヴォーション)」。

吹き抜けの天井が開放的な1階はカフェスペース、階段をのぼった中2階はオフィススペースになっています。

20150318_devocion3_wide

こちらのカフェで楽しめるのは、オーナー自ら輸入した、こだわりのコロンビアコーヒー。豆は収穫後10日以内にコロンビアから空輸で運ばれており、新鮮でリッチな香りを楽しめるのだとか。

Devocionでは、ブルックリンの人気店「Dough(ドー)」の無添加ドーナツや、SOHOにあるフレンチベーカリー「Ceci Cela(シーシーセラ)」のクロワッサンやマフィンも販売されているので、小腹が空いた時も安心です。

150318_devocion2

facebook

おしゃれなアンティークのソファに座って、おいしいコーヒーブレイクができたら、仕事の疲れも一気に吹き飛びそう。

あまりの心地よさに長居しすぎてしまいそうですが、こんな素敵なカフェのあるオフィスなら、毎日仕事に行くのも気分が上がりそうですね。

味も雰囲気も◎! ニューヨークで話題沸騰中のカフェ [MYLOHAS]

text by 野本纏花

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense