SHARE


誰もが知っている身近なものをアートの一部に取り入れて、とても面白い作品を創り上げた人がいました。

Christoph Nimannさんは、彼自身の描く独特な絵と身近なものを絶妙に組み合わせて、誰もが思わず笑ってしまう作品の数々を発表しています。

20150317sundaysketch14
20150317sundaysketch13
20150317sundaysketch10

Nimannさんは、イラストレーター、アーティスト、そして作家であり、今まで数々の作品を「The New Yorker」「Time」「The New York Times」で発表してきました。

この作品シリーズは”Sunday Sketch“と呼ばれるもので、日々見ているものを、楽しく、クリエイティブに今まで想像できなかった方法で表現するものです。

20150317sundaysketch8
20150317sundaysketch6
20150317sundaysketch2

「まさかこんな風になるなんて!」と、不意打ちをくらったような気分になるほど、全くイメージできなかった方法で日用品がアートに使われています。

20150317sundaysketch4
20150317sketch15
20150317sundaysketch1

想像力はまさに無限大。皆さんも身近なものをアートにして、遊んでみてはいかがでしょう。

Nimannさんのその他の作品は、彼のウェブサイトFacebookでご覧になれます。

TumblrTwitterInstagram [Christoph Nimann]
16 Creative Sketches That Incorporate Everyday Objects [TwistedSifter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense