商店などに飾られる、トラディショナルな縁起物の置物。そんなちょっと渋めのイメージの「招き猫」が、華やかなデコレーションで変身しました。実はこのかわいらしい猫たち、伝統工芸“九谷焼”から生まれたものなのです。

150317_063_0056_01

凹凸のある独特なデコレーションは絞り袋を使用し、クリーム状の特殊な絵具を乗せてゆく“盛(もり)”という高度な技法によるもの。身長およそ6センチの手乗りサイズながら、九谷焼の置物の醍醐味を楽しめます。

150317_063_0056_02

なんと、パンダにも変身!

この猫たちを生み出したのは、九谷焼の本場・石川県能美市に本拠地に置く「和座本舗」。

九谷焼はこれからも継承されていくべき地元石川の大切な“技”。古くからの日本の文化を少しでも感じてもらえたら

そう語るのは代表の西田氏。

150317_063_0056_03

敷居の高いイメージがある“伝統工芸”ですが、こんなにかわいいものなら家に迎えたくなりますね!

【和座本舗】九谷焼 ちび招き猫[藤巻百貨店]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking