インターネットが当たり前になってもう十年以上が経ちました。私たちが毎日どんな言葉を検索しているか考えてみたことはありますか?

グーグルが制作したこちらのビデオは、2014年私たちがどんな言葉を検索したかを教えてくれます。そこから見えるのは、ただの言葉の集まりではありません。

20150316hope01

2014年、何兆回も言葉が検索されました。その言葉たちは、私たちについて何を教えてくれるのでしょうか。

20150316hope02

私たちは”fear(恐怖)”よりも”hope(希望)”という言葉を多く検索しました。

20150316hope03

私たちは”fiction(作り話)”よりも”science(科学)”を多く検索しました。



そうです。私たちが何を知りたいと思っているか、これらの検索ワードは教えてくれるんですね。では、検索ワードを通した見た2014年。あなたはどれだけ覚えていますか?

私たちは私たちが大好きな物について、検索します。

20150316hope08
20150316hope05

そして偉大な達成についても、検索します。

20150316hope09
20150316hope10

そして理解したい、という気持ちから、検索をします。

20150316hope12
20150316hope14
20150316hope15

私たちは記憶にとどめるため、検索をします。

20150316hope19
20150316hope18

私たちは人生の励みや、ひらめきをもらうため、検索をします。

20150316hope24
20150316hope25
20150316hope29
20150316hope28

これからも、検索を。

20150316hope27

Year in Search 2014 via [YouTube]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking