パソコンやスマートフォンが当たり前の時代。すっかりえんぴつを使う機会が減ってしまった人も多いのでは?

仮に紙に書くとしてもボールペンがありますし、いよいよ頻度は減っています。

私の子どもの頃は当たり前のように使っていて、えんぴつの芯を尖らせたり、誤って折ったり。どこまで使えるか友達と競ってもいました。今思い出すと、えんぴつからは木の温もりを感じるような気がしてきませんか。

えんぴつは自分の考えを書いたり、頭の中に浮かんだ絵を描いたり、何かを生み出すことに役に立ってきたものだと思っていました。ところが、それがアートと出会ってしまったのです。何かを書くためのものがこんな風に変わるなんて、驚きです。

どうぞご覧ください。

150316breistift001 150316breistift002

万里の長城。

150316breistift003 150316breistift005 150316breistift006 150316breistift007 150316breistift008 150316breistift009

オ、オバマ大統領!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 150316breistift012150316breistift004

もはやえんぴつの原型を留めていません。細かすぎて壊れてしまいそうで触るのがはばかられます。

家に余っていて使わないものがあったら、これをヒントに作り始めても良さそうですよ。

すごく細かい作業と時間がかかると思いますが。

Share your creative examples of pencil sculptures [Bored Panda]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

タイナカジュンペイ

タイナカジュンペイ

あわせて読みたい

powered by cxense