人間が必要な栄養全てが入った未来の食べ物ソイラント。発売当初から大きな反響を呼びましたが、同時に多くの人たちから批判や反発も受けました。今回のレポートではそういったアメリカでの反応とソイラントの反論について紹介したいと思います。

ソイラントの紹介はレポート1を、私自身のソイラント生活体験レポートはレポート2をご覧下さい。

20150315re3soylent1

ソイラントの発売当初に最も多く寄せられた批判はやはりその成分でした。アメリカでは健康食は非常に大きなブームになっており、英語圏であるというアドバンテージもあり、一般の消費者が世界の栄養学の最新のレポートなどを読んで知識を得ています。

ソイラントはその成分について完全にオープンソースというポリシーを貫いており、多くの批判と要望、そして独自の研究を受けてバージョンアップをし続けています。今回私が受け取ったのはソイラントのバージョン1.4ですが、そこについてくるパンフレットには1.3から何が変わったのかが説明されています。下に例をいくつか取り上げます。

たんぱく質の量を113グラムから84グラムに減らしました。

炭水化物の原料はオート小麦、トウモロコシ、マルトデキシトリン、イソマルツロース、食用でんぷん(米、芋由来)になりました。

人工のバニラフレーバーを取り除きました。

20150315re3soylent31

今回の1.4のバージョンでは砂糖の量の表示量が前回の一袋6グラムから一袋44グラムに増えているのですが、それについても詳しい解説が書かれています。

現バージョンで含まれている砂糖(スクロース)自体の分量は一袋2.7グラムですが、残りはイソマルツロースの糖分が足されて表記されている形となっています。イソマルツロースはスクロースよりもはるかに遅いスピードで血液に吸収されるため血糖値を急激に上昇させることがありません。

パンフレットで毎回これだけ丁寧に説明されていることは、いかに多くの消費者が成分に関して説明や改善を求めているかを表していますね。成分以外によく見られる批判は以下のようなものがあります。

なぜ甘くしたり、もっと美味しい味にしないのか

これは色んな所でソイラント社も説明していますが、ニュートラルな味にすることで一番多くの消費者にアクセスできるようにしているようです。好みの味にカスタマイズして、それを他のユーザーと是非シェアして下さい、というスタンスですね。私は甘いものが苦手で、1日3食をソイラントにすることを考えると甘くないのは正解だと思いました。

栄養と食事にはまだ科学には分かっていない部分がたくさんある。たった一つの食料源に全てを置き換えるのは危険だ。

このような批判は大学教授や専門家など権威のある方からも発せられているようです。また多くの人が「栄養を完全に含んだ未来の食べ物」と聞くと「それだけ食べるの?」という拒否反応を起こすようです。しかし実際にはソイラント社は食事全てをソイラントに置き換えることを提案していません。私たちの生活に、より良い食べ物のオプションとして追加しているだけなのです。

20150315re3soylent32

ちなみに動物由来の成分が一切入っていないのでベジタリアンでもあります。

さてこの「ソイラント」という名前には面白い遊び心があります。「ソイ」といっても実は、大豆由来の成分は非常に少ない量しか含まれていません。

アメリカには大豆由来のものを避ける消費者も多くいますので、ソイラントという名前も話題になることがあります。ソイラントという名前は「ソイラント・グリーン」という70年代のアメリカ映画から来ています。

(以下、映画「ソイラント・グリーン」のネタばれを含みます)

映画では、人口が増え過ぎて資源が枯渇してしまった世界が描かれるのですが、そこに登場するのが合成食品配給会社ソイラント社。ソイラント社が配給する合成食品「ソイラント・グリーン」の衝撃の原料が映画のクライマックスであばかれます。それはなんと…。

20150315re3soylent2

人間!!!

なので当然、映画「ソイラント・グリーン」を知っている人たちからは「気持ち悪い名前だ!」「やめてくれ!」という批判もあったようですが、消費者の大部分は映画を知らず、今ではこちらのプロダクトの方がよく知られているようです。

ソイラントの公式ウェブサイトでは「What is Soylent made of?/ソイラントは何でできてるの?」というページのところに

Hint: It’s not people. 「ヒント:人間じゃないよ」

と書かれていますが、それはこの映画からきたジョークなんですね。

三回に渡り紹介しましたソイラントでしたが、皆さんは興味がわきましたでしょうか? 忙しい日本の皆さんのライフスタイルにも合った食べ物だと思います。早くアメリカ外でも発売されると良いですね。

Photos by Tsukasa Kondo

Screenshots from Soylent via [Vimeo]
ソイラント公式ウェブサイト

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking