絵本『ちいさなうさこちゃん』(第1版、1955年)

今年はミッフィー(日本名:うさこちゃん、オランダ名:ナインチェ)が生まれて60周年を迎える、記念の年。

オランダの絵本作家でグラフィックデザイナーのディック・ブルーナさんの描く絵本は全世界の子どもたちに愛されてきました。

ディック・ブルーナ
1927年、オランダ・ユトレヒト生まれ。絵本作家・グラフィックデザイナーとして世界的に活躍。その暖かみのある手描きの線、鮮やかな色使い、観る者の想像力に訴えるシンプルで大胆な構成の作品で、世界中の子供から大人まで幅広く愛されている。現在までに120タイトルを超える絵本を刊行。全世界で50カ国語以上に翻訳され、8500万部以上のロングセラーとなる。

4月15日(水)から松屋銀座で開かれる「誕生60周年記念 ミッフィー展」では、1955年に初出版された『ちいさなうさこちゃん』(第1版)の原画が、世界に先駆けて、お目見え!

今のミッフィーちゃんとちょっと耳の形が違ったんですね。

この展覧会では1963年に作り直されてから現在も刊行中のベストセラー『ちいさなうさこちゃん』(第2版)の原画も並べて展示されるので、2つの作品を比べて楽しめるそうです。

他にも、ミッフィー以前に制作された絵本『りんごぼうや』や『きいろいことり』、奥さまのイレーネさんのために描いたキュートな『朝食メモ』など、約300点もの原画やスケッチが展示され、ブルーナさんの新たな一面を知ることができます。

150313_miffy1

『りんごぼうや』(第1版、1953年)原画

150313_miffy2

ブルーナさんが奥さんに贈った「朝食メモ」

また、世界中で60周年を祝う国際プロジェクト「ミッフィー・アートパレード」に日本から参加した作品も初披露。総勢15組のクリエイターが参加し、180cmの真っ白なミッフィー像に創造性あふれるペイントや装飾が施されています。

150313_miffy4

佐野研二郎「ミッフィーのおばけごっこ」撮影:吉次史成

150313_miffy5

増田セバスチャン「Colorful Rebellion -HARAJUKU Miffy-」撮影:吉次史成

もちろん、みなさんお楽しみの展覧会限定オリジナルグッズも大集合!

“ファースト・ミッフィー”をモチーフにしたぬいぐるみやフィギュアをはじめ、会場でしか手に入らない400アイテム以上の「限定ミッフィーグッズ」を購入できます。

150313_miffy6

デルフォニックス製の文具や雑貨

ミッフィー好きにはたまらないこの展覧会に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

Illustrations Dick Bruna © copyright Mercis bv,1953-2015 www.miffy.com

誕生60周年記念 ミッフィー展
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
会期:2015年4月15日(水)~5月10日(日)会期中無休
時間:10時~20時(入場は閉場の30分前まで。最終日は17時閉場)
入場料金:一般1,000円(700円)、高大生700円(500円)、中学生500円(400円) 、小学生300円。()内は前売り料金
ローソンチケット他で4月14日まで販売
お問合せ:松屋銀座 03-3567-1211(大代表)

text by 野本纏花

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking