人は知らず知らずに無理をしてしまうものかもしれない。

もし、自分の体を見守ってくれるデバイスがあったら、使ってみたいと思いませんか。

Embrace」は、発汗の状態、体温、物体の角度や角速度を測る機能、加速度計などが搭載されている、医療型のウェアラブルデバイス

150312ECembrace3

こちらはスマートフォンと連動しており、1日の生活や様子をわかりやすく記録してくれ、さらに、無理をしている状態になると、デバイスが振動してリラックスするようにサインを送ってくれます。

装着する人のニーズや行動パターンに合わせて、カスタマイズすることも可能。

また、発作を繰り返す「てんかん」を見守ってくれるデバイスとしても注目されています。

150312ECembrace2

てんかんを持病に持つ人に発作が起きたとき、警告を発して知らせてくれます。 警告通知はスマホを介して、両親やルームメイト、介護者へと届き、すぐに病状の確認をすることが可能になります。

さらに、対になっているもう一方のEmbraceを身につけることもできるので、隣の部屋にいる人に発作が起きたときでも、もう一人ががつけているEmbraceが振動して容態確認の必要性を伝えてくれます。

150312ECembrace1

お子さんに1つをはめてもらい、パパやママがもう1つをはめておくと見守ることができますね。

体に無理な負担がかかった時に、自分自身にそっとそのことを気づかせてくれる。そして、誰かのこともそっと見守ることができる。

日々のサポートをしてくれるEmbraceと一緒に。ねえ、もう無理はしないでね。

Embrace [RAKUNEW]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking