多くの物に囲まれ、高い住居費を払う都会型のライフスタイルを捨て、タイニーハウスと呼ばれる小さな家に移り住む動きが北米を中心に広がっています。

日本でもタイニーハウスの体験イベントが開催されたりと、注目を集めつつあります。

小屋ほどの大きさのタイニーハウスは、車で牽引してそのまま出かけられるので、アメリカではそんなスタイルの旅を楽しむ人も最近多いよう。

今回ご紹介する、GuillaumeさんとJennaさんもそんなふたり。

050312tinyhouse4

それぞれフォトグラファー、ライターとして活動するGuillaumeさんとJennaさんは、都会での忙しい生活のなかで、今の生活で自分たちの本当にやりたいことができるのだろうか、という考えを募らせていたそう。

そこで思いついたのがタイニーハウスでの生活。ふたりは自分たちの手で家をつくり、アメリカ中を見て回ろうと決めました。

050312tinyhouse3

家を作ることはもちろん初めて。数々の失敗と学びを経て、旅へと出発しました。

050312tinyhouse1

イリノイ州を出発してからは、東海岸を北から縦断。フロリダ半島をぐるっと回ってからは大陸を横断し、現在は、カリフォルニアのロサンゼルス近くに。

今後はカナダを抜けてアラスカまで行き、再びアメリカに戻ってゴールのコロラド州デンバーを目指します。

050312tinyhouse8

壮大な旅ですね。

050312tinyhouse5
050312tinyhouse11
050312tinyhouse6

行く先々では同じような考えから、ダウンサイズした暮らしを送る人々との出会いも。

タイニーハウス、ツリーハウス…といろいろな形の家があります。

050312tinyhouse10
050312tinyhouse9

そして、おいしい食事、現地での心温まる交流。

050312tinyhouse2

とても素敵な生活ですね。タイニーハウス作りに挑戦したくなってしまいます。

彼らのサイトやInstagramでは旅の最新情報がアップされているので、ぜひチェックしてみてください。

[Tiny House Giant Journey]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense