Appleの新製品発表イベント「Spring Forward」が、2015年3月9日(日本時間3月10日未明)に開催されました。

様々なカラーリングのプロダクトが印象的だった今回の発表会を、さっそく振り返ってみましょう。

まずは新MacBookの紹介です。通常のシルバーからカラーバリエーションが増え、ゴールドとスペースグレーも展開が発表されました。

20150310_apple06

お値段は、1299ドルと1599ドルの2モデルで4月10日に発売されるとのこと。

これまでで最軽量のMacBook。重さたったの907g。また従来のものより24%薄くなりました。13.1ミリという薄さです。キーボードの設計を全く新しくして薄さを実現。

20150310_apple04

高精細のRetinaディスプレイ搭載。バッテリーはウェブ観覧9時間、iTunesで映画視聴10時間程度使用できるそうです。



次は、みなさんお待ちかねの『Apple Watch』。ついに全貌が明らかになりました。

20150310_apple02

ディスプレイは、文字盤による時刻表示のほかにミッキーマウスや花など、ユーザー自身がカスタマイズできるようになっています。

20150310_apple03 20150310_apple10
20150310_apple05

天気のお知らせや、カレンダー、音楽の再生がApple Watchで可能に。

20150310_apple07

さらに、iMessageやメールの通知、電話の応答も可能になり、SF映画の世界が現実になってきていることを感じます。

20150310_apple08

そして心拍数など健康管理もできます。すでにマラソン選手が利用し、Apple watchによってもたらされる世界の変化を体感したとのこと。

気になるバッテリーですが、18時間です。毎日充電するイメージですね。


さらに、Apple Watchのラインナップが発表されました。そのラインナップとは、Apple Watch SportApple WatchApple Watch Editionの3種類。

すべて、38ミリと42ミリ、2サイズのケース展開です

20150310_apple09

アルミ製のケースで、汗などにも強いフルオロエラストマーを採用したバンドのApple Watch Sportは349ドル(38ミリ)と399ドル(42ミリ)。

20150310_apple11

レギュラーモデルのApple Watchの素材は、高級腕時計にも使われるステンレススチール、316L。スレなどのキズにも強い素材です。

ディスプレイも、高級腕時計に使われるサファイヤクリスタル製。硬くて丈夫、キズのつきにくい素材です。

気になるお値段は、ベルトのタイプによって変わるとのこと。549-1049ドル(38ミリ)、599-1099ドル(42ミリ)です。

20150310_apple12

最後にApple Watch Edition

お値段、なんと1万ドル(約128万円)から。筆者は時計関係の者ですが、ステンレスベルトの仕上げは高級腕時計に劣らない美しさだと思います。

こちらもケースが38ミリと42ミリの展開で、18金のローズゴールド仕様または、イエローゴールドのケースと黒かホワイトのバンドが選べます。限定店舗のみ展開で、日本の店舗での販売も発表されました。



この際、MacBookもApple Watchも買いたくなっちゃいますね。たくさんのカラーバリエーションから選べるのも嬉しいところです。

さらなる詳細は、ギズモード・ジャパンをご覧ください。

Apple Watchは4月24日発売。4月10日予約開始。 [ギズモード・ジャパン]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking