SHARE


日常的に触れているリンゴ。リンゴをテーマにデザインをするならば、あなたはどうやって考えていきますか?

150313__3_3_onomatope

銀座にあるギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催中の『学び方のデザイン「りんご」と日常の仕事』を展示する『APPLE+』では、独創的なデザイン教育で注目される、三木健(みきけん)氏の作品に触れることができます。

三木健氏は、ブランディング、アドバタイジング、パッケージ、エディトリアル、空間など様々なフィールドにおいて五感を刺激する物語性のあるデザインを展開するデザイナー。

三木健氏が行っている独創的なデザイン教育とは、氏が大学生にデザインを教える際に、誰もが知っている「リンゴ」を通して、デザインの楽しさや奥深さに気づいてもらう教育メソッドのことです。

この教育メソッドは、AGI(国際グラフィック連盟)の講演で世界を代表するデザイナー達に高い評価を得て、スイスのラース・ミュラー・パブリッシャーズより国際出版されました。

150313_Apple_Poster_toumei_B0

デザインは単に見える化することじゃない。何かが見えてくる化すること」という三木健氏。氏の授業そのものをデザインする「新しい授業のカタチ」が見えてくる展示となっています。

150313_shizuku

また、三木健氏の他のデザインの仕事についても展示しており、氏のデザインへの姿勢を深く掘り下げることができます。

3月20日に行われる三木健氏と太刀川英輔氏のギャラリートークは、ユーストリームでも配信され、自宅のPCでも閲覧が可能。

こちらも是非チェックしてみて下さいね!

APPLE+ 三木 健|学び方のデザイン「りんご」と日常の仕事
日時:2015年3月5日(木) – 3月31日(火) 11:00 – 19:00(土曜18:00まで)
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー
休館:日曜・祝日
住所:東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル
[ギャラリートーク]
日時:2015年3月20日(金)6:00 – 19:30
出演:太刀川英輔(NOSIGNER) + 三木健

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense