シアトルに住む8歳の女の子、Gabi Mannちゃんのところに、キラキラした贈り物が届くようになりました。

150309ECgabiandcrow

ことのはじめは、Gabiちゃんが4歳の時。Gabiちゃんはある日、食べ物を落としてしまいました。

それをカラスがついばみ、食べる姿を見て、Gabiちゃんはお母さんに「カラスにご飯をあげたい」と相談。毎朝、ピーナッツやドッグフードなどのエサをあげるようになったのだとか。

すると、カラスはご飯をもらう代わりに、キラキラ光る小さいものを置いていくようになったのです。

ボタンやガラスの破片、誰かの落とした片方のピアス、クリップ、ビー玉、レゴブロック。そして、Gabiちゃんのお母さんのLisaさんがどこかで落としたカメラのキャップも届いたのだそう。

光るものが好きなカラスにとっては、きっとどれも宝物。エサをくれるGabiちゃんに恩返しをしたい、何かあげたいという気持ちで色々なものを拾ってきているのでしょうか。

いずれにしても、Gabiちゃんとカラスたちの間には、友情が芽生えているんですね。

Eight-Year-Old Seattle Girl Receives a Steady Supply of Gifts From the Neighborhood Crows [Laughing Squid]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking