まるでゴシップ記事。スーパーヒーローたちのユニークな日常を激写した人がいました! 写真家のEdy Hardjoさんは、スーパーヒーローのフィギュアをとてもユニークに撮影しているのです。

彼は「スーパーヒーローたちはただ子どもたちの憧れの的として存在しているわけではない。」ということを写真によって証明しています。

20150308superhero1
20150308superhero2
20150308superhero3

これらの写真は、スーパーヒーローのフィギュアたちに完璧なポージングをさせた後に、フィギュアを支える柱と明らかにフィギュアとわかってしまうような関節などを、Photoshopを使って消すことでより彼らに生活感を出す工夫をしているそう。

20150308superhero4
20150308superhero5
20150308superhero6
20150308superhero7

Edy hardjoさんはもともと写真を趣味にしていたそうですが、今ではすっかり彼の面白い才能を開花する仕事となっているようです。

これらの写真のアイディアは、彼の日常生活から生まれてきているみたい。彼がしていることは、日常のものを非日常に変えることなんですって。確かに、フィギュアの写真は日常生活を撮影しているかのよう。だけどもそれをスーパーヒーローのフィギュアたちがしているから、とても非日常的なものに見えるのでしょうね。

20150308superhero8
20150308superhero9
20150308superhero10
20150308superhero11

映画で見ているヒーローたちの姿とは大違いで、思わず笑ってしまいますよね。

今回ご紹介した写真以外にも、たくさんのユニークな写真がEdyさんのFacebookにありますので、気になる方は是非見てみてください。

写真提供: ©Hrjoe Photography

Edy Hardjo Uses Superhero Action Figures To Create Hilariously Arranged Photo Scenes [shutterbug]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking