SHARE


切り株の独特な形状、家具に出来たら魅力的です。

150307stump01

そんな切り株家具をDIYしてしまったのは、ホームメイドなライフスタイルをブログを通して提唱しているEmma Chapmanさん。手間をかけてDIYされた、惚れ惚れするサイドテーブルの製作工程をぜひご覧ください。

150307stump02

知り合いを通じて手に入れた、比較的乾いた切り株。樹皮を簡単に剥けるようになるよう、さらに乾燥させないといけません。数ヶ月も掛かるそうです。

150307stump03

のみ等を使って外側の樹皮を完全に除き、表面をやすりがけします。ウッドフィラー(木材用パテ)を使って欠けた部分や目立った溝を埋め、十分乾かしてから再度サンドペーパーでやすりがけ。表面がすべすべになっていきます。

150307stump04

上からペンキを塗っても良いのですが、今回は木の味わいと温もりを残せるよう、水性タイプのステイン剤を使って着色。白系を使って、木目が若干透けて自然の模様がそのまま生かされるようにしています。

150307stump06

元の切り株と比較すれば、どれだけの作業がなされているのかが一目瞭然。なかなか時間を掛けています。

150307stump05

キャスターを取り付けることで移動が簡単になるだけでなく、下面が空気に触れることで湿気ないような効果も。これで素敵なサイドテーブルの完成です。

150307stump07

切り株を手に入れようという時点で意外と大変そうではあるのですが、こんなDIY家具によるルーム・デコも、なかなか趣を感じさせますよね。

ちょっとトライしてみたくなってきました。

DIY TREE STUMP SIDE TABLES [via A Beautiful Mess]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense