旅行がもっと楽しくなっちゃうよ!

Podo』は金属ならどこにでもくっついて撮影できるネットワークカメラです。

20150306_podo_02

使い方はカンタン。貼り付けてスマートフォンから遠隔でシャッターをきります。専用アプリを使うことで、友達とシェアしたい場合もスグに出来ちゃいます。

現代版のチェキみたいなイメージですね。

20150306_podo_04

でこぼこな場所でも強力なマグネットにより固定されます。首の部分を曲げることが出来るので、見下ろす感じのショットが撮れます。

スマホで遠隔操作するのでシャッターを切る動作で手ぶれが発生する、ということも無さそう。

20150306_podo_03

サイズは2×2×1インチの手のひらサイズ。8メガピクセルでの撮影が可能です。8つのLEDが付いているので暗い場所での撮影も出来ます。


『Podo』は現在クラウドファンディングサイトのKickstarterで資金調達中です。2015年3月6日時点で目標となる5万ドルより2.5倍を記録しているので商品化は間違いなさそう。

青か赤のカラーが選択できて1つ89ドル(日本への送料20ドル)です。納期は2015年の8月を予定しているとのこと。

旅先の思い出をもっと楽しくしたいという方はいかがでしょうか。

Podo [Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense