©New York Beat Films LLC


2013年にアメリカで30周年記念のアニバーサリーDVD-BOXがリリースされ、当時のことを知らない若者たちにも熱狂的に支持された映画『ワイルド・スタイル』。日本ではDVDが未発売だったため「観たい!」という声が続出しました。

HIPHOPカルチャーを全世界に広め、多くのアーティストに影響を与えた本作は、長らく日本未公開となってました。そんな伝説の映画が、いよいよ3月21日(土)に日本で公開されます。

20150306_wild01

©New York Beat Films LLC

あらすじ
1982年、ニューヨーク、サウス・ブロンクス。グラフィティライターのレイモンドは、深夜に地下鉄のガレージへ忍び込み、スプレーで地下鉄にグラフィティを描いていた。レイモンドのグラフィティはその奇抜なデザインで評判を呼んだが、違法行為のため正体を明かせずにいた。

ある日、これまでに何人もの アーティストを表舞台に送り出してきた新聞記者のバージニアから仕事の依頼が舞い込むが、仕事として描くことと自由に描くことの選択に思い悩む…。

アンダーグランドの世界で自由に描くこと、仕事として華やかな表舞台で描くことの選択に悩むレイモンドの葛藤を背景に、1980年代のアメリカのアンダーグラウンドシーンをそのまま切り取った躍動感のある作品に仕上がっています。


そしてこの度、公開に先駆けて予告映像が解禁となりました。気になる予告トレーラーはこちら。

字幕は日本語ラップを牽引してきたK DUB SHINEが担当。HIPHOPカルチャーを知る彼ならではの翻訳にも期待が高まります。


グラフィティライターやダンサー、ラッパーなど実際のアーティストが多数出演し、ヒップホップというムーブメントが生まれる瞬間を鮮明に描いています。

ぜひその瞬間を劇場でご覧ください。

ワイルド・スタイル
監督・製作・脚本:チャーリー・エーハン
音楽:ファブ・ファイブ・フレディ(フレッド・ブラズウェイト)、クリス・スタイン
撮影:クライブ・デヴィッドソン
キャスト:リー・ジョージ・キュノネス/ファブ・ファイブ・フレディ(フレッド・ブラズウェイト)/サンドラ・ピンク・フ
ァーバラ/パティ・アスター/グランドマスター・フラッシュ/ビジー・ビー/コールド・クラッシュ・ブラザーズ/ラメルジー
/ロック・ステディ・クルー、ほか
配給:アップリンク/パルコ
宣伝:ビーズインターナショナル
字幕監修:K DUB SHINE
©New York Beat Films LLC

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking