自分の好きな浸かり具合。自分の好きな色、味。

さあ、おうちでお漬物を作りませんか。

そんな時に使ってみたい、美しい漬物鉢を見つけました。

150306ECtsukemonobachi1

「日々の暮らしに寄り添う素敵なもの」を取り扱う、滋賀県にあるギャラリー&アトリエ「琴線」の店主であり、ガラス作家の時澤真美さんが制作したのがガラスの漬物鉢

150306ECtsukemonobachi2

ずっしりとしたガラスの重みでおいしいお漬物ができるのだそうです。

150306ECtsukemonobachi3

こんな風にお漬物が作れます。キュウリなら3、4本分を入れて調味料や薬味を混ぜて、重しをのせます。器から少しはみ出るくらいでも大丈夫。

150306ECtsukemonobachi4

5~6時間で重しが下がって、食べごろに。

朝漬けておいて、夜ごはんに。夜漬けておいて、朝ごはんに。そんな風に気軽に毎日の食卓に、自家製のお漬物を。

さあ、今日から漬けましょう。

漬物鉢 [iichi]
ギャラリー&アトリエ 琴線

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking