キミに贈ろう。甘い甘い宝石を。

あめの専門ブランド「あめやえいたろう」が2015年3月4日から3月14日までの期間限定で発売するのが、「スイートジュエル」。

このスイートジュエルは実在のダイヤモンドやクリスタルと同じカットを施した「あめ」。まるで本物の宝石のように美しい。

それぞれの宝石にはこんな逸話があるんですって。

150304ECsweetjewel5

女王の輝き(コ・イ・ヌール)

1304年頃発見された世界最古にして最大のダイヤモンド。インドカーティャ朝時代、女神像の目としてはめ込まれていました。「この石を手に入れた者は世界を統一できる」と信じられてきました。その後ビクトリア女王に献上され、現在でも王室の戴冠式に使用される重要な宝石となっています。

150304ECsweetjewel3

美しい謎(ピゴット)

最初の所持者ジョージ・ピゴット男爵の名前から命名されました。一時はナポレオンの母マダム・ボナパルトが所有。最後の所有者はアルバニアの統治者アリ・パシャ。アリ・パシャの命令で敵方に渡らぬように打ち砕かれたと記録されていますが、その後の行方は謎に包まれています。

150304ECsweetjewel4

太陽の花(パシャオブエジプト)

インド産の8角形ブリリアントカットダイヤモンド。1848年エジプトの将軍エブラヒム・パシャが購入。その後売却され1933年にはカルティエによって売られエジプトのファルーク王の所有に。これをイタリアの宝石商ブルガリが買い取り、アメリカに渡り、このとき指輪にセットされました。現在はヨーロッパで個人所有になっています。

150304ECsweetjewel1

祝福(クリスタルティアドロップ)

日本のカット技術からうまれた、幸福を呼ぶとされているクリスタルです。ティアドロップは「涙のしずく」の意です。この涙は悲しみの涙ではなく、安堵に満ちた幸せな涙のしずくなのです。水晶のように透明なティアドロップからは虹のような輝きが溢れ、虹のかかる空にはその輝きを喜ぶように天使が舞い、祝福をしているイメージがあります。


取り扱い店舗は、あめやえいたろう銀座三越店、伊勢丹新宿店(販売期間3月4日~3月14日)、伊勢丹新宿店B1階催事場今め菓子(販売期間3月8日~3月14日)となっています。

本物の宝石は贈ることができなくても、甘くてキラキラ輝くこんな「スイートジュエル」を大切な人に贈ってみてはいかがでしょうか。

スイートジュエル [あめやえいたろう]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking