ワインによく合う生ハム。私も大好きです。

そんな生ハムを、白カビで発酵させてつくるとおいしいって知っていますか?

detail_599_1422261778

レストラン「クーリ・ルージュ」のシェフ、石川資弘さんが開発に成功した無添加の「白カビ生ハム」。

添加物を使わず、白カビ(酵母)の力で雑菌から守り、ハムの旨味を熟成させるとおいしくなるのだそうです。

detail_599_1421464253

カビは種から探し、秋田で手に入れたものを独自にブレンドして培養しています。豚肉は宇都宮みずほのポークです。

detail_599_1422258351

白カビの効果で有害な細菌からお肉を守り、熟成が進むにつれ表面には白かびがびっしり。

柔らかな絹を纏った様なそんな美しさ…これが旨みのもとになるそうです。

detail_599_1422258477

白カビ生ハムは、普通の生ハムよりも熟成が早く進みます。

薄く切って、口に入れると、脂身の甘さが瞬く間に広がり、カマンベールチーズとナッツのような芳香の余韻に包まれます。そして噛めば噛むほど、肉の旨味がでてきて…。

じゅるる、もう考えるだけでよだれがでてきそうですね。

detail_599_1422258945

宇都宮市郊外の森林公園の近くにある小さな一軒家のレストラン「クーリ・ルージュ」で提供される予定です。

detail_599_1422258520

世界的にも珍しい白カビ生ハム。

「食べたいけど宇都宮には行けないよ!」そんな方でも、現在実施中のクラウドファンディングに出資をすると、遠方の方でも郵送でお届けして食べられるようになりますよ。

詳細は、こちらから。

国産白カビ生ハム[Makuake]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking