壁にかかった風景画が風にそよぎ、肖像画が喋り出す。そんなことって、現実に起るんだ。

少し前から、プロジェクタを使って対象に映像を投影する、「プロジェクションマッピング」が様々な場所で行われていますね。

今回、NTTコミュニケーション科学基礎研究所が発表した「変幻灯」は、人間の錯覚を利用して、静止画に動画のような動きや印象を与えることができるというもの。

炎がゆらめいたり風が吹いたり、人の表情が変わったりするのです。何はともあれ、動画をご覧ください。

方法としては、コンピュータで静止対象が動く映像を作り、そこからモノクロの動き情報を取り出します。そして、投影によってモノクロの動きのパターンだけを静止画に加えます。

静止画の色や形はそのまま見えており、動画を映し出しているわけではありませんが、それを見た人間の脳は普段見ている動画のように知覚するのだそう。

ちょっと難しそうな技術ですが、動画を観てみると、本当に画像が動いているように見えますね。

こういった技術は、今後、広告やインテリア、そして、芸術などエンターテインメント分野でも、応用することができそうです。

絵や広告が目の前で動き出したり、喋り出す。変幻灯を利用すれば、そんな新しい体験をすることができるんだ。

変幻灯 [NTT(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking