部屋の中に緑があるとインテリアのアクセントになり、見ていて気持ちが落ち着くもの。

大きめのモンステラを置いてもいいし、ベビーリーフやペパーミントは育てばすぐに食べられるのが嬉しいですね。

でも、今回ご紹介するのは、そうした定番の植物とはひと味違ったもの。アボカドです。

150226avoseedo2

果肉に脂肪分がたっぷりと含まれており、独特の甘さがなんともいえないアボカド。まさしく「森のバター」と呼ぶのにふさわしい濃厚さが特徴です。

ラテンアメリカに起源を持ち、古くは古代から食べられているこの果実は、育てるのが難しいことでも知られています。

発芽させるためには、日光が不可欠な一方で、湿気も必要。そんな難しいものをどうやってお家で育てるのでしょうか?

150226avoseedo3

Kickstarterで人気を集めているAvoSeedoなら、簡単に育てられるそうです。

150226avoseedo4

種は使ったアボカドから取ったものでOK。

150226avoseedo5

薄い皮を剥いて、AvoSeedoにセットします。

150226avoseedo6

あとは、水の上に浮かべるだけで、欲張りなアボカドが育つのに必要な条件を満たすことができました。

150226avoseedo7

発芽して立派な根を広げ始めていますね。

葉っぱが出る頃には土に植えかえてあげると良いそうです。本来は20mほどに成長する高木ですが、鉢植えならそこまでは大きくならないのでご安心を。

ちなみに、実をつけるためには受粉が大変みたいです。

AvoSeedoは現在10ドルから入手可能。アボカド栽培に興味を持った方はぜひどうぞ。

詳細は、こちらから。

AvoSeedo [kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking