ニセモノの安南陶器(個人蔵)

2015年3月10日(火)~5月6日(水)に、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館にて、「大ニセモノ博覧会 -贋造と模倣の文化史-」が開催されます。

この展覧会では、「ニセモノ」に焦点を当て、その暮らしの中での重要な役割やさまざまな歴史をひもといていきます。

単に「ホンモノ」に対する「ニセモノ」を展示するのではなく、「ニセモノ」と「ホンモノ」の複雑な関係が、時代や社会背景によって、どのように変化してきたかを明らかにします。その数は、「ホンモノ」も含めおよそ300点。

展示品の一部をのぞいてみましょう。

山口県・兵庫県播州・千葉県3家から雪舟、吉田松陰の掛け軸や書を取り上げて、「ニセモノ」の地域性に迫っていきます。

20150318_nisemono_02

伝雪舟「鷹之絵」掛軸と鑑定書(個人蔵)

研究者達がフェイク化石にだまされたことも。

20150318_nisemono_05

ピルトダウン人(復元頭骨)(個人蔵)

縄文人が粘土や石でつくったイミテーションのブレスレットもあります。人工のダイヤモンドを作る現代人と同じような感覚で作られていたようです。

20150318_nisemono_04

荻ノ平遺跡腕飾り(栃木県教育委員会蔵)

他には、幕末から明治時代にかけて日本から欧米へ輸出されていた「人魚のミイラ」。どうやってこれを作ろうと思ったのか、とても不思議ですよね!

20150318_nisemono_03

人魚のミイラ(国立歴史民俗博物館蔵)

この安南陶器は、偽造した発掘現場を撮影し、それを客にみせることによって、信用させて売りつけたものです。その後、この詐欺の手口は新聞でも報道され、販売業者は行方不明となる事件に発展しました。巧みな業者の手口は驚きですね。

20150318_nisemono_06

ニセモノの安南陶器(個人蔵)

また始祖鳥の複製などジュラ紀から現代までに渡って「ニセモノ」の数々を一挙公開する一方で、織田信長が東大寺へ宛てた「ホンモノ」の文書も公開するなど、多彩な展示内容となっています。

この展示に足を運んで、あなたの審美眼を鍛えてみてはいかがでしょうか?

大ニセモノ博覧会ー贋造と模倣の文化史ー]
会期:2015年3月10日(火)~5月6日(水)
時間:開館時間9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
会場:国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
料金:一般:830円 、高校生・大学生:450円 、小・中学生:無料
※毎週土曜日は高校生は入館無料
※休館日月曜日(ただし3月30日、5月4日は開館)

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking