3月18日(水)より5月10日(日)まで、六本木にあるサントリー美術館で「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」展がはじまります。

150223_jyakucyu-buson02

象と鯨図屏風 伊藤若冲筆 六曲一双のうち右隻 寛政9年(1979) MIHO MUSEUM蔵
【展示期間】3月18日~5月10日

150223_jyakucyu-buson11

重要文化財 鳶・鴉図 与謝蕪村筆 双幅のうち左幅 18世紀 北村美術館蔵
【展示期間】3/18~4/13

正徳(しょうとく)6年、西暦だと1716年は、尾形光琳(おがたこうりん)が亡くなった年であり、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)と与謝蕪村(よさぶそん)が誕生した年でもあります。

このふたりの天才絵師の生誕300年を記念して、若冲と蕪村の代表作品や新出作品を紹介するとともに、同時代の関連作品も展示される豪華な内容の展覧会となっています。若冲と蕪村は日本画界のスーパースター。教科書などで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

若冲は彩色鮮やかな花鳥図や動物を描いた水墨画を得意とし、蕪村は中国の文人画の技法による山水図や、簡単な筆遣いで俳句と絵が響き合う俳画を得意としていました。

150223_jyakucyu-buson06

山水図屏風 与謝蕪村筆 六曲一双のうち右隻 18世紀 MIHO MUSEUM蔵
【展示期間】3/18~5/10

人物から山水、花鳥などの共通するモチーフによって対比させながら、18世紀の京都の様子を浮かび上がらせます。

150223_jyakucyu-buson14

猿猴摘桃図 伊藤若冲筆・伯珣照浩賛 一幅 18世紀 個人蔵
【展示期間】3/18~4/13

若冲のユーモラスな動物や、蕪村の侘び寂びを感じる風景画など、いままで日本画の展示に足を運んだことがない人でも、親しみやすい展覧会となっています。期間中、展示替えが行われるので、何度か足を運ぶのもおすすめです。

また2015年7月4日(土)から8月30日(日)までの間、滋賀県にあるMIHO MUSEUMにも、展示が巡回します。近くにお住まいの方は、二人の天才の作品に会いに、ぜひ出かけてみてくださいね。

生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村
会期:2015年3月18日(水)~5月10日(日) ※作品保護のため、会期中展示替を行います。休館日:火曜日
会場:サントリー美術館 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
時間:10~18時、金・土、および5月3日(日・祝)、5月4日(月・祝)は20時まで開館 ※いずれも入館は閉館の30分前まで  料金:一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
※4月25日(土)は「六本木アートナイト割引」のため一般および大学・高校生は一律500円
※5月5日(火・祝)は20時まで開館

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking