温かみのある表情、コバルトブルーの伝統的なデザイン。

かわいらしく丈夫なポーランド陶器は、 ポーランド南西部に位置する人口4万人の小さな街「ボレスワビェツ」で製造されています。

Miasto Ceramiki(陶器の街)”と呼ばれているこの街のドイツ国境からボレスワビェツに続く道沿いには、たくさんの陶器メーカーが建ち並びます。街に流れるボーベル河畔から良質な陶土が産出されるこの地では、中世から陶器作りが行われていたと言われています。

セラミカ・アルティスティッチナ社は、この地を代表する陶器メーカーのひとつ。

経営者も含め従業員の7割が女性で、丁寧なモノづくりを続けています。

150219ceramika-02

ボレスワビェツ陶器の特徴的な柄は、海綿を小さく切ったスタンプでその一つひとつを手で押して描かれるもの。

セラミカ・アルティスティッチナ社が持つ、2000を超えるデザインは群を抜いて個性的。熟練した職人による、より複雑な絵柄は『ユニカット』シリーズと呼ばれ、製品の裏側に職人の名前が手書きされます。

絵付けには簡単なものは20〜30分、複雑なものでは数時間かかると言われています。

150219donube-02150219donube-03

ドヌーブはボレスワビェツ陶器の代表柄である、ピーコック・アイ(クジャクの羽根)モチーフの絵柄。個性的で料理映えのするデザイン、日本の藍色にも似たコバルトブルーが懐かしい雰囲気ですね。

150219saffron150219saffron-04

自然の明るさを感じる黄色と、セラミカの基本色である藍色の小花模様のサフラン。ポップな組み合わせが食卓を華やかに飾ります。

150219saffron-02150219saffron-03

焼成すると硬度のある丈夫な陶器に仕上がるので、オーブンディッシュとしてもおすすめ。電子レンジ、オーブン、食洗機でも使用できる強く、欠けにくい陶器です。

150219plate150219plate-02

食器の型が1000種類以上と多いのも特徴。テーブルウエアだけでなく、オーナメントやプランターポットといったインテリア製品など、多種多様なアイテムが作られています。

選ぶだけでもワクワクしますね。

150219interior-04150219interior150219interior-02150219interior-03

セラミカの商品はハンドメイド。手作りのため、一つひとつ色の出方やサイズに若干異なりがありますが、それも魅力的。

多彩なデザインの中で、あなたの手に馴染む商品がきっと待ってるよ。

購入はオンラインショプへ。陶器の型や絵柄から探すことができます。

CERAMIKA ARTYSTYCZNA
セラミカ[antina gift studio]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking