SHARE


昨年からラフ・シモンズやステラ・マッカートニー、ユナイテッド・アローズなど、有名デザイナーやセレクトショップとのコラボレーションのニュースが目立つアディダス。今年はスーパースターも復活しました。

その波に乗って、アディダスの専用Webサイトでスニーカーのデザインができるので実際にやってみました。

20150222adidas01

使用したモデルはGAZELLE(ガッツレー)。1968年に登場した万能型のトレーニングシューズです。先述したスタンスミスやスーパースターの影に隠れていますが、実はアディダスのスニーカーのアイコン的存在。

20150222adidas02

まずはスニーカのベースの素材カラーを決めます。昨年からスニーカーは白が流行っているのでレザータイプのホワイトを選択。シュータンやシューレースも、3本ラインもすべてホワイト。

ここでソールにアクセントを付けてみます。ソール周りをソーラーブルー、アウトソールをGlowという発色の良いイエローを選択しました。

20150222adidas03

せっかくなのでかかとにロゴを付けましょう。Cinetunesが運営するWebショップ「SPRUCE」のロゴを刻印。

発注してから大体4週間から6週間で届きました。今年の春夏は、ハーフ丈のショーツに白のアンクルソックスでコイツをはいて、爽やかにカッコつけたいと思います。

デザインそのものはカンタンなので、ご興味あるかたはこちらからトライしてみてください。世界に1つ、自分だけのモデルが作れます。

mi adidas
photographed by Cinetunes

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense