林 美由紀

林 美由紀

13

子どもにワクワクや楽しさ、悲しさ、教訓などを教えてくれる絵本。大人になって読んでみると、また違った印象を受けることもあるかもしれません。

夜眠る前に、雨降りの日に、もちろん晴れの日だって、絵本を読む時間はきっと貴重な時間となることでしょう。

というわけで、大人も子どもも楽しめる絵本の紹介をしていきたいと思います。

第38回は、なかえよしを作・上野紀子絵『ねずみくんのチョッキ』です。
1974年初版の絵本です。

ストーリーはこんな風。

おかあさんがねずみくんに編んでくれた赤いチョッキ。
「ぴったりにあうでしょう」

それを見た動物たちが、次々に「ちょっときせてよ」とねずみくんのチョッキを着てみます。

次々に大きな動物たちが現れて、「すこしきついが にあうかな」と言いながら、着ていきます。
最後にはゾウさんが…。

さて、ねずみくんの赤いチョッキはどうなってしまうのでしょうか。

150222ECnezumikun

動物たちがねずみくんの赤いチョッキを着るときに見せる窮屈そうな表情が、味があっていい!

色々な動物たちにチョッキを貸してあげるねずみくん。みんなが着て、ゾウくんが着る頃には、やっぱりチョッキが伸びてしまうのですが…。

最後のページまで読むと、ただチョッキが伸びただけではなく、ちょっとよかったなーということがわかります。単純な繰り返しのお話で小さな子どもでもわかりやすい。大人もほっこりします。

ねずみくんシリーズは、もう31冊もあるんです。その中でもこの「ねずみくんのチョッキ」はロングセラーですね。

「ねずみくんチョッキ」なかえよしを作・上野紀子絵 [ポプラ社]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking