SHARE

紙の資料のうち、その60%は一度読んだだけで捨てられているのだそう。

確かにミーティングの資料や広告などは、その後、何度も見返すことはないかもしれません。

もし、同じ紙を何度でも使うことができたなら。

150220ECrebirthafterreading1

環境保護に取り組む団体「Friends of Nature」が、子どもがいたずら書きをする時に使うペンをヒントに、消えるインクを開発しました。

パソコンなどで作った資料をプリントアウトし、使い終わったら、そのままどこかに置いておきます。

150220ECrebirthafterreading2
150220ECrebirthafterreading3
150220ECrebirthafterreading4

1時間、2時間と時間が経ち、72時間経った頃にはインクが消え、真っ白な紙に。これで、また紙を使うことができるようになりました。

動画もご覧ください。

両面印刷をしたり、文字を小さくして節約しても、やはり最後は捨ててしまわれる紙。消えるインクで印刷すれば、何度でも使えるようになり、地球にもやさしい。

素晴らしいアイデアですね。

Friends of Nature: Reusable Ink [Creative Criminals]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense