SHARE

Photo by Dirk Kirchner/Flicker

52ヘルツ。
これは、ある1頭のクジラが鳴き、歌うときの周波数です。

1992年にアメリカ海軍によって、初めてその存在が確認された「52」という名のクジラ。
名前は周波数から命名されました。

多くのクジラが、15ヘルツから25ヘルツくらいの周波数でコミュニケーションを取るといわれており、52の歌声は、他のクジラに理解してもらうことはできないのだそうです。

150219EC521
Photo by James Niland/Flickr

世界一孤独なクジラ。

他のクジラと戯れることもなく、今も大きな海のどこかを泳いでいる。

初めて発見されてから、何度もこの「52ヘルツ」の歌声は観測されているのですが、まだ、その姿を人間の前に見せたことはありません。

「52」に会いたい。

150219EC522

映画製作者のジョシュ・ゼマンさんと俳優のエイドリアン・グレニアーさんは、52の探査プロジェクトを立ち上げ、現在、海外のクラウドファンディング「Kickstarter」にて、20日間の探査費用として、日本円で約3,570万円ほどの支援を募っています。

発見することができた場合、識別タグをつけ、52の歌う歌の分析をする計画があるのだそうです。

はたして、彼または彼女は見つかるのでしょうか。
そして、52ヘルツで歌う理由が解明されるでしょうか。

Help Us Find 52, the Lonely Whale [Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense