SHARE

未来がまたひとつグッと近づいてきた!

望遠機能が付き、ウィンクをすればズームすることができるコンタクトレンズが開発されたそうなんです。

スイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究者たちが発表したこのレンズは、通常の時は1倍の大きさでものを見ることができ、ウィンクをすることで2.8倍までズームをすることができます。

このコンタクトレンズが実用化されば、弱視や老眼の方々の矯正や治療の選択肢の1つとなりそうです。

現在のところ、特殊な専用メガネと一緒に使う必要があるのだそうですが、もし、コンタクトレンズだけで完結できるようになれば、とっても便利。

また、現在、このレンズに酸素を透過させるための研究を進めているのだそうです。

これからまだまだ改良が進められていく段階かもしれませんが、もう、こんな技術が開発されているんですね。

テクノロジーと人間が融合していく。ああ、SFの世界みたい。

Scientists Developed A Telescopic Contact Lens With 3X Normal Zoom [ELITE DAILY]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense